astro二度目の車検

 1997年製のシボレー・アストロは購入後二度目の車検を迎えた。
 ZEROの佐々木さんが丹念に点検してくれた。
 ブレーキパイプが腐食、アイドラアームの磨耗が致命的で交換したので、ほぼ2週間の作業だった。
 雪国を走っていた車なのでこうした腐食・錆がきていたようだ。
画像
 
 ブレーキパッドも限界に近いし、リアーデフの腐食も進んでいるので、1年以内に修理する必要がある。
 現在の走行距離が90,950キロm、10万キロになる前にまた修理をすることに。
 この車を2週間ぶりに運転して、その乗り心地の良さに改めて嬉しくなった。
 ZEROさん、またよろしく!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

オコック
2016年05月27日 09:01
 ブルジョワのやる事はチャウな。ワシのような軽四プロレタリアにゃ、何の話か訳が分からぬ。その軽四も、今は娘に乗っ取られて手元にない。もっとも、最も必要としてるのは娘の方だろう。孫が二人、手のかかる年頃だ。

この記事へのトラックバック