墓仕舞い完了!

 高校卒業と同時に故郷を離れて東京に就職したのは、1970年のことだった。
 その後、結婚、長女の誕生。
 折に触れ帰郷していたものの、父と母を亡くし、故郷の墓掃除は妹夫婦にしてもらっていた。
 それが段々難しくなってきた。

 というのも亡父がオホーツクを望めるようにと、墓石に大きな台座を設けたために脚立が必要なほど高いものとなっていた。
 年を重ねた妹夫婦に大きな負担となっていたのである。

 これを機に「墓仕舞い」を思い立った。
 幸いにも檀家となっているお寺が4年ほど前に「合葬墓」を造っていた。
 
 手続きは先ず、墓地を管理する市役所に「改葬許可証」を提出。
 お寺がそれを承認することになり、この度これまで埋骨されていた15人分(位牌の数)の遺骨を「合葬墓」に改葬した。
 古くは明治34年没の曽叔母、最も新しいのが平成17年没の母のものである。

 曽祖父が「大正2年」に建立した自然石のものは無くなったが、これからは新しい合葬墓」に手を合わせることになる。
2019-10-24 11.04.07.jpg

この一連の流れの中で、親切な石材屋さんがいたお蔭でなんとか無事に済ますことができた。写真に後姿が…。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント